自宅で手軽に「ブラジリアンワックス」

ブラジリアンワックスとは、アンダーヘアの脱毛方法のひとつです。
脱毛ワックスの粘着力を使って脱毛を行う方法です。
アンダーヘアだけでなく、すね毛、わき毛、背中の産毛など、首から下ならどの部位も脱毛できます。
ブラジリアンワックスは、専用サロンも多くありますが、何と言っても自分でセルフ脱毛できるのがメリットの一つです。
今回は、「近くにブラジリアンワックスのサロンがない」「サロンに行くのはちょっと恥ずかしい」といった方のために、ブラジリアンワックスのセルフ脱毛の基本的なやり方とコツをご紹介します。
ブラジリアンワックスを行う前には、まずは、脱毛したい部分が脱毛ができる状態かを確認しましょう。
1、脱毛か所の毛の長さは、1㎝以上ありますか?
2、キズや吹き出物などの炎症はありませんか?
3、さかのぼって2週間以内に、レーザー照射や日焼けなどをしていませんか?
毛の長さは、短すぎても長すぎても失敗の原因になります。
親指の先~第一関節くらいの長さが最適です。
次に、脱毛ワックスの温度を調節します。
脱毛ワックスは少し固めが粘着力が増しますが、固すぎると塗りずらかったり、伸びが悪く痛かったりもします。
スパチュラでかき混ぜた時に、若干手ごたえがあるくらいの固さに整えましょう。
脱毛ワックスはハチミツをベースにつくられているため、オーガニックなものであるほど保管している場所の温度によって固さが変わります。
寒ければ固くなり、暖かければゆるくなります。
続いて、脱毛か所の汚れや水分を落とします。
シャワーなどで脱毛か所を洗い、しっかりとタオルドライしましょう。
汚れやボディークリーム、水分などが肌に残っていると、ワックスがすべってしまってヘアをキャッチすることができません。
さらにベビーパウダーを薄く塗って完全に乾かすとなおいいです。
次に、脱毛ワックスを木のヘラ(スパチュラ)で少量すくい、毛の生えている向きと同じ方向に、毛の根本から均一に塗ります。
一度に広範囲に塗らず、少しづつ塗りましょう。
先ほど塗ったワックスの上に、ストリップスと呼ばれるシートをのせます。
そして、ワックスを塗ったのと同じ方向にぎゅぎゅっとおしなでるようにしながらワックスとストリップスを密着させます。
すぐにストリップスをはがします。
皮膚をしっかりと押さえ、ワックスを塗ったのとは逆方向にストリップスをはがします。
肌と平行に、素早くはがしましょう。
ストリップスをはがす時にヘアが抜けます。
この手順で行うと、きれいに脱毛することができます。